糖質さえカットできればダイエットは成功します。

近年大流行の糖質制限ダイエット

多くの女性が持つ悩みである「ダイエット」。

テレビや雑誌などでは毎日といってもいいほど、多くのダイエット特集がおこなわれています。

その影響でダイエットにもファッションや食べ物のように流行がありますが、とくに近年話題を呼んでいるのは「糖質制限ダイエット」と呼ばれるものです。

食習慣を変えるだけで手軽におこなえ、とても効果が出やすいと多くの体験談も飛び交う大流行の糖質ダイエット。多くの医療関係者も推奨しており、ダイエットジムなどでも食事制限メニューとしてよく取り入れられているおすすめダイエットのひとつです。

そのやり方をご紹介しましょう。

「糖質」とは、簡単に言うとおもに炭水化物のことを指しています。

つまり糖質制限ダイエットとは、基本的におかずだけを食べるというだけのダイエット方法。炭水化物にあたるものを食べなければいいというだけなので、カロリー計算など面倒な手間がなく簡単におこなえるダイエットとして人気です。

肉や魚、野菜は自分の好きなだけ食べてもいい!というのも人気のポイントです。

満腹になるまで食べても、糖質以外であればいくらでも食べてOK。ただし、野菜の中には糖質を多く含んでいる根菜類やトマトなどがあるので、糖質制限ダイエットをおこなってい中で徐々に避けるべき糖質を含んでいる食べ物を覚えていけば大丈夫です。

糖質制限すると何が起きるのか

糖質制限ダイエットが炭水化物をカットするダイエットであると聞いて、「貴重なエネルギー源を摂取しなくなって本当にいいの?」と思う方も多いかも知れません。

たしかに炭水化物は三大栄養素のひとつでもあるため、毎日摂取しなければ健康的な身体作りがおこなえなくなってしまう危険があります。そのほかにも脳や神経の活動を支えている重要なエネルギーなので、当然まったく摂取してしまわなくなった場合には体調不良の原因になってしまうもの。

しかし、現代人は炭水化物を摂取しすぎている傾向があります。

糖質そのもの、炭水化物そのものは重要なエネルギーであっても、必要以上のエネルギーを身体はうまく消費しきれず、結果として太る原因になってしまっているのです。

糖質制限をおこないはじめると、身体はエネルギーとして体内にある中性脂肪を消費しはじめます。そのため、特別な運動メニューなどを挟まなくても効率的に不要なエネルギーを消費していくことが可能です

糖質制限ダイエットの効果はこれだけではありません。糖質制限をすることで血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌も抑制させることができます。インスリンは血糖値を下げるために糖質を脂肪細胞に取り込めと指示をおこなうので、インスリンの分泌が少なければ結太りにくくなるということになります。

ローファット(低脂肪)ダイエットとの違い

糖質制限ダイエットは、別名では「ローカーボダイエット」や「ロカボ」などとも呼ばれています。

糖質制限ダイエットと並んで昔から人気が高いダイエット方法として、「ローファットダイエット」と呼ばれる「低脂肪ダイエット」がありますが、今回はこれらふたつを比べたときにどこが違うのかをご紹介します。

まず、低脂肪ダイエットは「脂質」を制限することで一日に摂取する総摂取カロリーを減らす昔ながらの方法です。

糖質制限ダイエットと違って食べられる量や総カロリーが決められた方法でおこなうため、場合によっては空腹感と戦わなければならない方法でもあります。

しかし、炭水化物なども量を決めておけばすこしは口にできるので、食べるものをなにも制限したくないという場合には有効な方法でしょう。ただし短期間では効果があらわれにくいという特徴も持っています。消費しているカロリーよりも摂取カロリーが多かった場合には、制限していてもまったく意味を成さないこともあるのです。

本気で取り組む必要のあるダイエット方法です。

一方糖質制限ダイエットでは糖質を含んでいる食べ物でなければいくら口にしてもいいという決まりがあるので、空腹感と戦う必要もなければ、運動をあまりおこなっていなくても、すばやくダイエット効果を実感することができることがほとんど。

完全に糖質をカットする必要もありません。糖質は摂取しすぎなければ身体にとっていいエネルギー源となりますので、一定量を決めて摂取するだけであれば糖質制限の高いダイエット効果を失うことなく好きな食べ物を楽しめます。

たとえばカロリーの高いマヨネーズは、糖質制限ダイエットにおいてはとても汎用性のある調味料として重宝されます。逆にケチャップは糖質をとても多く含んだ注意すべき調味料になります。

おこなうダイエット方法によって口にしていいものの量や種類がまったくことなるので、実践する前に知っておきましょう!