カーボブロッカーの正しい飲み方を知って効果を最大限に発揮させましょう。

カーボブロッカーの正しい飲み方

カーボブロッカーは飲むタイミングがあまり詳しく設定されていません。

即効性があるためいつ飲んでもいいようにできているのですが、やはり「効果的な飲み方」というのは存在します。せっかく飲むとなったら、一番ダイエット効果を得られる飲み方を知っておいたほうが断然おトク。

カーボブロッカーの効果的な飲み方をご紹介します。

もっとも飲むのに適しているタイミングは、「炭水化物を摂取する前」です。

「一回につき二錠」のカーボブロッカーを服用してください。

カーボブロッカーの有効成分は消化する前に作用して炭水化物を体内に取り込まないようにするというものなので、炭水化物を摂取してしまってからではちょっと遅い。

炭水化物を摂取する「10分前まで」には服用しておきましょう。

そして、炭水化物の吸収を抑制する効果を十分に発揮するためには、糖分の多いコーラやスポーツドリンクなどと一緒に服用するのは避けてください。

医薬品等と同じく「水またはぬるま湯」などがもっとも適しています。

カーボブロッカーは服用しはじめてからすぐに効果が実感できるものではありませんので、じっくり時間をかけて継続して服用し続けることが大切です。

製造元であるアーウィン・ナチュラルズ社では、最低でも3ヶ月は継続した服用をしてくださいと発表しているので、忘れることなく炭水化物を摂取する度に服用するようにしましょう。

ただ、飲んでいればいくらご飯や麺類などの炭水化物を摂取してもいいというわけではありません。

あくまでも摂取した分を「あまり吸収しないようにする」というサポート的な効果があるだけなので、カーボブロッカーを服用しているからといって糖質制限ダイエットの本質である「炭水化物を摂取しない」という本筋を見失わないように気を付けましょう。

使用上の注意

カーボブロッカーを服用するにあたっての「注意点」はしっかりと守りましょう。

まず、カーボブロッカーは医薬品ではありません。

糖質制限ダイエットをサポートするために必要な有効成分がたっぷりと含まれている上に、大手の健康食品会社によって研究に研究を重ねて開発・製造されているサプリメントではありますが、効果には個人差があります。

飲みはじめてからすぐに効果があるわけはなく、じっくりと使っていてはじめて効果があらわれるダイエットサポート製品です。

有効成分には消化に関わる多くの酵素が含まれており、決められた服用量よりも多く飲んだ場合には「お腹のゆるみ・下痢・便秘」などになりやすいです。

服用量を守っていても体質によってはそういった症状があらわれることもあります。

もし耐えられないほどのレベルでお腹のゆるみや下痢・便秘などの症状があらわれた場合には、服用するのをやめてください。

そして妊娠中や授乳中の女性、18歳未満の方は服用しないようにしましょう。

妊娠中などは身体が非常にデリケートな状態になっています。どういった成分が出産や母乳、身体の成長に悪影響を及ぼすかわかりません。

カーボブロッカーは栄養を蓄えないように消化を阻害するはたらきがあるということもあり、必要な栄養が吸収されなくなってしまう危険性もあります。

ダイエットするのであれば体調が落ち着いたタイミングを見計らって、計画的に安全におこなうようにしてください。

服用する際の注意点としては、喉に詰まらせないようにするということです。

カーボブロッカーの剤形は一粒がとても大きく作られています。何度も飲んでいる内に徐々に慣れますが、最初の内はかなりの喉に詰まらせやすいです。

一回につき二錠の服用が必要なので、一粒一粒ゆっくりと飲み込んでください。

なかには有効成分が液体状に詰め込まれています。噛み砕いてしまうとかなり苦くてまずい液体があふれ出てしまうので、その点もご注意ください。